川越観光| 時の鐘とは

kawagoe34.JPG

約400年前から、城下町に時を知らせてきた川越のシンボルです。
現代のものは4代目と言われ、高さは奈良の大仏と同じだそうです。

今も、一日4回、午前6時、正午、午後3時、午後6時に、市民に時を知らせています。

平成8年環境庁主催の「残したい日本の音風景百選」に選ばれました。


川越旅行記☆ 次へ